2010年02月06日

SHIBAMATA(街道〜帝釈天)

写真は NIKON D40 (一部 CANON IXY10) by masayu-i.
(※ フォトレタッチ済みです)
クリックで 1280*800 程度のサイズに拡大されます。



京成小岩駅近く、葛飾区・鎌倉にある6地蔵。

これは、真言宗大珠院というお寺にある。
名前と違って、ちいさなお寺だが、春になると桜が見事で人目を引く。
2月現在、梅の花が咲きはじめていた。

jizo01.jpg

jizo02.jpg

jizo03_ume.jpg



柴又帝釈天のすぐ近くにある真勝院も真言宗。

平安時代の806年創建とされる歴史あるお寺とか。
葛飾区指摘有形文化財五智如来石像などがある。
この石像も1660年と起源は古いらしい。
柴又七福神というのがあるのですが、この寺はその中の弁財天にあたるとか。詳しくはこちらここなどに掲載されている。

sinshoin01.jpg

sinshoin02.jpg

sinshoin03.jpg



いわずと知れた柴又帝釈天。

こちらは、日蓮宗は経栄山題経寺といって、1629年(寛永年間)に開いたとされる。
実は帝釈天というのは、インドの「リグ・ヴェーダ」で最も讃えられている軍神・武勇神インドラのこと。(ムスカ大佐の例の矢の方では…)

400円で彫刻ギャラリーと庭園を拝観できる。
この彫刻は見事なもので、彫刻説話というものと、雁などの彫刻、あとは下に掲載している龍や、獏・狛犬など様々な彫刻があちこちに散りばめらている。
庭のほうも、別棟に屏風絵や小彫刻画などが多く収められているほか、庭園を一円に眺められる。

Taishaku01.jpg

Taishaku02.jpg

Taishaku03.jpg


猫。

帝釈天の参道の入り口付近の商店の軒先にいた。
5年ほど前にみたとおぼしき猫で、私が撮っているとほかの人がそれで気づいた様子で、人が集まってきた。
誰とも無く「これがまさしく招き猫だねぇ」と言っていたが、まさにそんな様相だった。

els01.jpg

els02.jpg



焼きたて みたらし 130円。

同じく帝釈天の参道の、出口付近の店。
D40 では写らなかったが、ホカホカアツアツのため、湯気が凄かった。
見た目以上に絶品。
僕が食べていると途端に並び始めた。
やっぱり誰かが食べているのをみるとたまらなくなるものかも。

dango01.jpg

dango02.jpg

dango03.jpg



IXY 10 で撮った、住宅街の梅。

カワイイので掲載。
これでおしまいです。

els03.jpg
posted by masayui at 17:41 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dot2.gif