2008年06月24日

ハム朗がやってきた!

ハム朗はハムスターである。
やけに愛らしくて、可愛すぎるのである。

なんだかしらんが ayame とチビ君で勝手に決めてグランマとハムスターを買って来たらしい。

当初はジャンガリアンという小さな種類を考えていたのに、チビ君に選定を任せたら「でっかいの」をご希望ということで、ゴールデンハムスターという種類になったらしい。
チビっ子に任せるとろくなことにならないのだが、今回はチビ氏もなんらか感じたらしく、「ちいさいのがよかったのかなぁ」と呟いていた。
折角きてくれたハム朗に失礼(本人の意思関係なしに連れて来られたのに、あまりに可愛そう…)ではあるので、この際より小さい種類のことはあまり考えないことにしたい。

さて、そのゴールデン〜とやらを早速 wikipedia で調べてみる。
正式には「シリアン・ハムスター」。
(発見当初から野生は少なかった様子)ペレットなどの固形飼料が主食らしい。
お菓子類、生の豆、ネギ、香辛料は毒になり駄目だそうだ。

ウチの奴はライトグレーっぽい感じ?の毛色で、シルバーという名称で売られているらしい。


僕個人的には、生物をペットとして飼うというのは(飼育形態によるけれど)基本的にはあまり賛同できないのだが、買ってきたものは放置するわけにはいかない。早速ハム朗と名づけ、接触を試みた。

うちのチビ氏、ayame には「ハム朗」は不服なようで不評である。


挨拶代わりに撮影してみた。
夜の11時だというのに、ハム朗はやけに活発に動く。
(撮影後、暗い部屋に入れてみました。すぐに寝たよ、ゴメンねハム朗。)

そしてこの愛らしさぶりである。

HamRaw03.jpg


チョット伸び〜としてみたハム朗。
そのあと滑車をものすごい勢いで回す。

HamRaw02.jpg


我が家のマスコットがチビ氏からハム朗に交代しつつある。

HamRaw02.jpg


なーんて。
実質飼うのは ayame になるので、
ハム朗の飼育にはくれぐれも注意して欲しいと伝えた。
植物を枯らすのなら誰にも負けないという(サボテン類さえ枯らすことが出来る)
恐ろしい特技がある ayame なだけに、
僕自身、注意を払っていきたい。
posted by masayui at 23:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が勝手に師と仰ぐ動物行動学の父、コンラート・ローレンツが、都会で忙しく働く人がペットを飼う場合に一番お勧めなのが、ゴールデン・ハムスターだと、その著書に書いていました。

ナイス選択!ayameちゃん。

ハムスターってたしか夜行性だから、そいさん、帰宅後可愛がってやってください〜。

今度見せてくださいね♪

Posted by にほ at 2008年06月25日 09:15
そう、夜行性みたいですね。
今日も隣で、ワッカダッシュしてます!
今度是非お越しください。
チビともども、ハム朗がお待ちしております。
Posted by masayu-i at 2008年06月25日 22:18
動物はたまりませんなあ。
オイラもネコ飼いたいけど嫁が
ネコ怖いゆーて許してくれませんorz
飼育はホント、気ぃ抜くとエラゴトだから
気をつけてNE!
Posted by namuko at 2008年06月26日 23:24
そうだねぇ…
まぁハム朗は今日も元気ですよ。
Posted by masayu-i at 2008年06月29日 04:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
dot2.gif