2008年11月22日

久々に映画館で映画を見ました。

気のおけない(簡単にいうと仲のいい)友人と、久々に映画を見ました。見に行った映画館は新宿 WALD9(バルトナイン)。シートや階段構造が中々快適な映画館ですが、エレベータやエスカレータが小さいのが難点。

赤壁乃戦(邦題は レッド クリフ だそうです。)です。
三国志好きのなかでも、比較的英雄側面を愛する方々なら見ると良いと思います。
また、若干残虐シーンが多めだと思いますが、そういうのもOKな方なら、壮大な内容を楽しめると思います。

僕は基本的に三国志は大好きで、どちらかというと英雄的なものも結構好きなので、楽しめました。
それをゲームでいち早く具現化したのが三国無双なわけですが、それをジョン・ウー監督が映画化した・みたいな。

簡単に言うと、中国版マトリックスというか、映画版三国無双という色が濃かったような気がします。

アングルやカメラワーク、船や城、鳩や情景のCGなどは、効果的でよかったと思います。


配役に関しては、
趙雲子劉があまりイケメンでなかったのは良かったですが、若干貧弱なような。
関羽や張飛の背があまり高くないことや、関羽が赤ら顔でないことなど、色々気にはしたものの、
基本的に雰囲気は愛読の吉川三国志似たところがあり、楽しめました。
特に中村子童が甘興(甘寧?)役ということで、だいぶおいしいなと思いましたし、金城氏もストーリーが進むにしたがって
なじんでゆき、適役だとおもいました。


ストーリーではいきなりチョウハンハから始まって
孔明(金城武)がいるなど気になりました。
それ以外のストーリーはあまり違和感を感じさせないもので、良くまとめていました。
蜀、魏、呉の主要人物(蜀ばかり描かれ、特に魏の人材の扱いが曹操以外は粗雑なような気もしますが)
が立っていて、とくに蜀の趙雲にスポットが当たっていて良かったです。

個人的には関羽のアニキも好きなので、もっと関羽を立ちキャラにしてほしいです。
*劉備が草鞋を実際に編んでたのには笑いましたが、とてもよかった。


アクションは、流れ槍を手づかみで自分の得物にすることや、勢いで数人ぶっ飛ばす描写がやりすぎ感が感じられますし
基本的に槍アクションが完全に三国無双とほぼ同じ動きなのは、ある意味感動すらしました。
なぎ払いで3人程度一度に吹っ飛ばせるのも一緒(w
でも、その悪乗りを、ギリギリの匙加減にしているのは、上手だなと思いました。

*張飛が体を張ると槍の3〜4本くらい跳ね返した上で粉砕できるというのもかなり笑えました。不死身かよ!みたいな。

小僑が角度によってやたらに美人なのと、孫尚香がそこそこ可愛いというところもなんだかリアル感があってよったです。
Part2に期待!


posted by masayui at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
dot2.gif