2007年07月15日

最近はやっと日本謹製オンラインゲームが熱い。

一時期は韓国勢が大挙して進出していたオンラインゲーム業界。
政府の多大な援助があったとはいえ技術的蓄積は向こうが先行していたかのように見えたが、ここ最近はカプコンを中心に 日本謹製オンラインゲームが熱いようだ。

もちろん、日本側のものはコンシューマゲームベースのものを移植しているのだが、料金の体系が韓国式と違うのでどちらがはやるのかは今のところちょっと判断しにくいが、ロストプラネットエクストリームコンディションなどの画像を見るとちょっとやそっとのスペックでは待ったく動かせそうにないのだが(見るととんでもないスペックだった・・・)、韓国オンライン世代よりは圧倒的に映像が上になっている。

そんな中、わりと映像とスペックのバランスが良いと思ったのが モンスターハンターフロンティアだ。
こちらも最新のサービスながら、なんと VAIO NOTE Z で快適に動いてしまうのだから(まだ無料体験しただけだけど)すさまじい技術だ。



↑こちらはそのときのキャプチャ。
さすがにこの位置のレンダリングはちょっと重かったけど…。
普通にグリグリ動くし視点移動も快適。
作り方が上手なのかなぁ。
posted by masayui at 04:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
dot2.gif