2007年09月11日

(コメントとチビ写真を追加)チビとすごした週末 in 市谷〜四谷 SIGMA SD9@17-70mm DC Macro

写真のところにコメントを追加しました。(+ ちびっ子の写真も追加)


ブログを書いているか、SIGMA SD9 で撮影をしているか(X3Fファイルを現像しているか)、チビをかまっているか、が、この休み中の大半の行事でした。

なかでもチビクンのかまっている時間が大半でほかはあまりできなかった感じ…。かまってクンですし、やっとこさ一人遊びも充実してきたころ。まだまだ甘えっこですから、何とは無くひざに座ってきたりこっち来てと誘導したり。
全く無視なんてとんでもないですが、全部かまっていると何もできなくなってしまいますしなにかとバランスに悩みます。

というわけで、表題の作例。
撮影に使ったのは最近の SIGMA SD9 とお気に入りの 17-70mm DC Macro です。このレンズはちょうどいい画角のズームレンズなので使い勝手が大変良いです。
チビ中心の写真撮影だったので、風景で良いのはあまり多くなかったですが…思ったよりピントが良く合った日でした。

さて、ひとつずつ説明を追加してまいります。


だいぶ野性味の豊かな猫。
チビと、この猫の間を1m程度まで詰めましたが、それ以上は逃げ腰の猫ぶりで、無理でした。猫的にはひげが規則的に生えているのが印象的。
写真として優れたところは無いと思いますが、毛と目に関してはほかのデジカメとちがう味わいがあると思います。

★IMG16279.jpg


日陰の草の描写がちょっと厳しいけど日向部分の描写は”見事!”と思います。見たまま、それが切り出せたという達成感があります。

★IMG16283.jpg


こちらは日当たりがよかったので緑描写はそこそこだと思いますが、遠景の緑が黒っぽくなっています。Foveon の特徴のようです。

★IMG16285.jpg


17-70mm の 望遠端 70mm(*1.7で35mm 換算約120mm) で撮影しました。
背景ボケとかが自分の理想的です。
チビ君の決めポーズで顔が隠れてしまいましたが、こういうところにはそのほうが好都合なので、こっちを載せておきます。
この写真でわかると思いますが、Foveon による肌色は凄くリアルですし、ゴム、木綿、肌など質感の差を生々しく表現できます。

☆IMG16291.jpg


マクロレンズを生かした描写?
緑の見栄えは記憶色風な調整で処理しました。ちょっと派手目です。

★IMG16317.jpg


四谷駅付近。
まるで解像サンプルといったところ。倍率色収差以外に欠点がみあたらない、僕の理想の画像です。
DP1 がこの程度の絵が出せれば、それで満足なんだけれども。

★IMG16368.jpg


子ども会にて・2枚。
白とびをなんとかコントロールしつつ。
カラーバランスも 17-70mm のおかげで大崩しない。

★IMG16405.jpg

★IMG16406.jpg


学校全景。
色、解像文句なしと僕は思ったので載せました。
良く見ると校舎の上部のフェンスも解像しています。

★IMG16413.jpg


地元撮影。チビつき。
派手目に調色。イメージどおりに出力できました。
フォーカスもバッチリでつ。

★IMG16476.jpg


最後ですが、四谷で見た信号機の調整風景。
リフトの解像もそうですが、周囲の解像ぶりや色味のリアルさが堪らんです。ここまでやってくれると、見てたときの気持ちが正確に再現されて良いです。

★IMG16476.jpg
posted by masayui at 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーわー、やっぱり猫の毛の感じが素晴らしい。
しかも猫の、今時なかなかお目にかかれないような精悍な表情。
クリアなヒゲ。

私の「いつか使う時が来るかも知れない資料ファイル」に保存させてもらってもいいでしょうかっ!?
Posted by にほ at 2007年09月11日 22:38
どうぞどうぞ(笑
Posted by masayu-i at 2007年09月11日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
dot2.gif